ふなのりせむと月待てば

月の満ち欠けのような日々の心を綴る

秋風が

秋の空は澱んでいるけれど



夏が去った風は心地よい



秋が君の声と匂を運んで来てくれるのか