ふなのりせむと月待てば

月の満ち欠けのような日々の心を綴る

紙一重の道

私は正直には生きられない


ひねくれたうえにへそ曲がり



わかっているけど


可愛く素直に振舞えない



それは私の正直だから



それでも


私なりの誠意で生きているつもり




誠意は裏切りと紙一重だと思う



裏切りは誠意と紙一重だと思う



誠意で生きることは時に裏切りでもある